債務整理をすることで、実際借金がいくら減ることになるのか

選んだ債務整理の種類によって借金の減る割合は異なる

借金を減額したり、支払いに猶予を持たせることで借金に苦しめられる生活から解放されることのできる手続である債務整理。支払いが追い付かない、支払いがそもそもできないといった状況に陥った際には迷わずに行うべきことです。

一般的に借金が年収の三分の一を超えた場合というのが、一つの債務整理に取り掛かるうえでの指標とされています。しかし、債務整理と一口に言っても、その中にはいくつかも種類があります。

そして、それぞれは用いられる場面が異なっており、借金の減る割合もまた異なっています。今回は任意整理と民事再生、自己破産という債務整理の中の主軸である三つ、そしてこれも債務整理の一つであり最近テレビのCMなどでも良く取り上げられている過払い金請求について、それぞれがどんな仕組みでどの程度借金の減額効果を持つのか、他の者との間でどういった違いがあるかなどを見て行きたいと思います。

失った分を取り戻す過払い金請求、ある程度減額される任意整理

過払い金請求というのは、借金を返済する過程で本来支払う必要がないのにもかかわらず払い過ぎてしまった利息などを計算し、貸金業者に返還請求をする手続きのことです。

もし過払い金が見つかり、それが帰ってくれば借金が大きく減ったり、あるいは借金の完全消滅だけでなくお金が一部返ってくるようなことまであります。ただしこれまでに払い過ぎていたお金のため、厳密に言うと特に借金自体が減額されているわけではありません。

任意整理は、裁判所を通さず貸金業者との間で直接借金の減額や金利の再設定などを交渉し毎月の返済金額を減額、生活に支障のない範囲での返済を行えるようにするというものです。

支障のない範囲というのは人によって異なりますが、任意整理ではやり取りに裁判所の介入が一切ないため貸金業者の側もかなり強い主張をし、話し合いの結果としてそこまで大きくは借金の減額がされない場合が多いです。

大きく減額される民事再生、完全になくなる自己破産

民事再生とは、裁判所を通して借金の支払い能力がないことを認めてもらい、借金を減額してその人の収入から無理のない範囲で三から五年の歳月で完済できる額にするというものです。収入の一部の三から五年分以上の額にはならないため、人によってはかなり大きな減額がされることとなります。

自己破産とは、裁判所が借金の支払い能力がないことを認め、車や家などの高額資産をすべて手放すのと引き換えに借金の支払い義務を免除するというものです。借金が無くなるのとほとんど同義であり、借金の減少割合は一番大きいものになります。


これまで述べてきたように、債務整理の中でどれを選ぶかによって借金がいくら減るかは大きく異なります。それならば一番減りが大きい自己破産を選べばよいのではとお考えの方もいるかもしれませんが、それぞれ異なるメリットやデメリットを持つため、一概にどれを選べばいいというのはありません。債務整理の中で借金の減額割合というのは大切なしかしあくまで一つの要素なのです。