債務整理の意味とその種類、方法についてまとめました

そもそも債務整理とは一体何なのか、そのメリット、デメリット

借金を抱えていてその支払いに追われ生活が著しく苦しい場合などに、司法書士や弁護士に依頼することで行うことができるのが債務整理です。


債務整理にはいくつかの種類があり、いずれも借金を減額したり、その支払い期限を猶予したりすることでその負担を軽減します。

債務整理のメリットとしては上記の通り、抜け出せない借金地獄や返済期限に追われることによる生活の質の低下などから脱却し、専門家の下でゆっくりとその問題解決が行えるという点です。

デメリットとしては、信用情報機関の信用情報に債務整理を行ったことが記される、つまりブラックリストに乗り、数年間クレジットカードが作れなくなったり、お金の借り入れが不可能になるというのが挙げられます。

また一部の職業に就くことができなくなったり、保証人に対してその金額の支払いの義務が発生するようなことなども債務整理を行う上でのデメリットです。メリットとデメリットはそれぞれの債務整理の手法によっても違います。以降は、その種類について見ていきましょう。

代表的な債務整理の種類その1、過払い金請求、任意整理

過払い金請求とは、本来支払う必要がないのにもかかわらずローン会社などに支払ってしまったお金である過払い金を計算し、ローン会社に返却するよう請求する手続きのことです。これにより払い過ぎた利子を取り戻したり借金を減らすことができます。一方で、必ずしもお金を借りた全員が過払い金を払っており取り戻せるというわけではありません。

任意整理とは、借金の減額や金利の再設定などをお金を貸した側と交渉することによって毎月の返済金額を減額し、返済を生活に支障のない範囲のものにすることです。専門家に任意整理の依頼をすると支払い義務は一旦停止し、そこから情報収集や計算のし直しなどが行われます。

金利の額が違法やグレーゾーンであった場合には借金の元本自体が減少し、そうでなくとも今後の利息がカットされることとなります。次に述べる自己破産とは異なり、付くことのできる職業が一部制限されるようなこともありません。

代表的な債務整理の種類その2、自己破産、民事再生

自己破産とは、資産がないために支払が不可能であることを裁判所に承認してもらうことで、法律上、借金の支払義務が免除になるというものです。自宅や車などの高価な財産はすべて手放すこととなりますが、任意整理とは異なり、借金の存在自体が消滅するためこれまで借りていたものについての一切の返済の必要性はありません。

しかし、一部職業の制限やカード使用の禁止、官報公告に載るといった債務整理の中では一番重いペナルティが課せられます。民事再生とは、現在の借金の返済が極めて困難であるということの承認を得て借金を減額してもらい、数年間かけてそれを分割して返済していくというものです。

借金の額によりその減額割合は異なりますが、最大で10分の1程度まで減額されることがあります。自己破産とは異なり、住宅などの資産を維持したまま行うことができます。

以上で、簡単に債務整理とその種類についてまとめました。それぞれ大きく内容の異なる手法であるため、メリットやデメリットを踏まえた上で、自身に最適なものを選びましょう。