債務整理をする際に支払うことになる預り金について

預り金を知る前に任意整理で必要となる費用について知る

債務整理の手順のひとつである任意整理をする際、弁護士や司法書士に依頼をすると預かり金というものが必要になる場合があります。預り金に関しての知識がない場合、一体どのようなものなのか、支払う義務があるのかなど疑問に感じることがあるでしょう。

預り金について知るにはまず、任意整理時に必要となる費用について知っておく必要があります。そもそも任意整理というのは借金の減額などを行い、日常生活に支障が出ない程度の返済を可能にする手続きのひとつです。

他の手続きとは異なり裁判所を通す必要がないため、債務者と債権者のみで話を進めることも不可能ではないのですが、やはり専門的な知識を要する弁護士や司法書士のサポートがなければ交渉の席につくことすらできないことも少なくありません。

依頼をした際に必要となる費用というのは依頼に着手する際の着手金、減額や免除など債務者の希望が通った際の報酬金などがあります。預り金というのはこれらとは異なるものなのです。

預り金の使用目的とはなにか、支払先はどこになるのか

預り金の使用目的として最もわかりやすいのは郵送費用などの実費に使用されるということでしょう。しかしそれだけではなく、任意整理によって和解契約書が交わされた際債権者に毎月支払う資金に当てられる事になっています。つまり弁護士に代行弁済を依頼した場合に、弁護士が各社に返済する際に使われているという仕組みとなっているのです。

預り金は弁護士に直接支払うのではなく、各事務所に用意された預り金専用口座に振り込むことになります。これは弁護士費用と混同してしまうことを避けるためであり、弁護士会から指導を受けているため普通の弁護士であれば必ず口座を所持しています。

このように弁護士費用と預り金とで口座を分けてきっちりと管理されているため、預かり金が別の用途に使用されてしまうということはありません。預り金口座は多くの場合そのものであるとわかりやすい名義となっているため、見た目にもわかりやすいでしょう。

実は以前まで横領問題などが少なくなかった預り金という存在

このように現在では弁護士費用と口座を分けることでしっかり管理されている預り金ですが、実は以前までは預り金を横領する弁護士が多発していた時期がありました。これは任意整理だけでなく、弁護士が成年後見人をしている際にも多く見られた事件だったようです。

しかし、このことを重く受け止めた弁護士会が、弁護士に対して預り金の管理方法などの徹底した指導を行ったため、現在では預かり金の横領というものはほぼなくなりつつあります。

もし預り金を支払っているのに債権者から督促状などが届いたという場合には横領の可能性も否定出来ないため、弁護士に問い合わせてみるなどの対応が必要となるでしょう。

預り金が必要ではないケースも存在していますが、もし支払い義務が生じた場合、きちんと口座を分けて管理されているかなど念のため確認しておくのも良いでしょう。預り金は決して怪しいものではないため、必要な際には支払えるようにしておきたいものですね。